新着ニュース ▶ プロを目指す音楽家のためのエージェント・サービス『ABP』が開始!
うさぎロックス

オーディションに落ち続ける理由とは?落ちる人には共通点があった!

歌手になるためにオーディションを受けても何度も落ちてしまう。落ちた回数があまりにも多すぎて数え切れない。夢に向かって努力をしているのになかなか合格を勝ち取ることができない。

と、悩んでいる歌手志望の方は多いのではないでしょうか?

オーディションに合格するためには一体どうすればよいのか。また、オーディションに落ち続けている本当の理由を知りたい。

このようなお悩みを解決するべくこちらの記事ではオーディションに落ちてしまう理由や落ちたときに見るべきサイト、オーディションに落ちてしまう人の特徴を紹介します。

オーディションに落ち続けている人はあなただけではありません。

むしろ合格する人の数が少ないので、比率的に例えるなら落ちた人のほうが多いので心配する必要はありません。

オーディションに落ちたと1人で考えて込まずに、こちらのサイトをみて悩みを解決してください。

うさぎロックス

あなたがオーディションに受からない本当の理由とは?

ズハリあなたが受けるオーディションを間違えたからオーディションに落ちていることが考えられます。オーディションに求められている人物像ではないのに、有名事務所が開催しているから、憧れのあの人が所属しているからという理由でオーディションを受けていませんか?

クールな性格の人が賑やかな事務所のオーディションを受けても落ちてしまうように、あなたが求められている人物像ではないオーディションを複数受けても落ちることは目に見えています。

オーディションは求められている人物像に自分が当てはまるのか。じっくりと分析をした上で受けるようにしましょう。

うさぎロックス

お悩みは Deview-デビューで相談

オーディションに落ちたから誰かに慰めてほしい。
そんなときに利用していただきたいのDeviewのお悩み相談掲示板です。

あなたの悩みや悔しさをこちらのサイトに載せることで、ネガティブな気持ちがなくなり、次のオーディションへとチャレンジできる勇気が芽生えてきます。

オーディションになかなか合格しない。と悩んでいる人は気軽に掲示板にて悩みを呟きましょう、

うさぎロックス

オーディションで落ちる人のある3つの特徴

特徴その1 不合格した理由がわからない。

理由を聞かされずに不合格通知を受け取ることと、なり、理由がわからないのは仕方がないですが、いつまでたってもわからずにオーディションを受けていても次回以降、落ち続けるだけです。

理由を分かっている人と分かっていない人つだはかなりの差がついてしまいます。
養成所の講師や知人に聞くなどをしてオーディションに落ちた理由を明らかにいたしましょう。

特徴その2 応援してくれる人がいない

友人や家族など、あなたの芸能活動を応援してくれる人がひとりでもいるならよいですが、誰もいない場合だと落ちても慰めてくれる人がおらず、前のオーディションを落ちたときの気分を背負いながら次のオーディションを受けなければなりません。

誰か、応援してくれる人をかならずひとりは見つけましょう。

特徴その3 落ちた理由を見た目のせいにしている。

オーディションにはイケメンや美人しか合格できない。芸能界は見た目がよい人しか活動できないのだ。
と思い見た目をオーディションに落ちた理由と勝手に思っていませんか?

確かに、イケメンや美人と呼ばれる人は合格率が高くなりますが、そうじゃなくても芸能事務所に所属できている人はたくさんいます。

内面的な問題で落ちていることが可能性がありますので、しっかりと反省をして次のオーディションに向けて努力をしていきましょう。

まとめ

こちらでは、オーディションに落ちる人の理由をご紹介させていただきました。いかがでしたか?いくつか思い当たるところがありましたでしょうか?
オーディションに落ち続ける理由としては、求められている人物像と違っていた。実力が足りなかったなどさまざまな理由があります。次のオーディションこそ絶対に合格したい!という人はぜひ、今回ご紹介した記事を参考に合格率を上げることを意識してみてくださいね。

応援してくれる人を増やし、しっかりと反省してダメな部分を治すことで次のオーディションの合格率を上げることができます。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

>最強のエージェント・サービス「Artist Branding Project」

最強のエージェント・サービス「Artist Branding Project」

プロフェショナルな音楽家たちが注目する次世代のアーティスト・エージェント・サービス『Artist Branding Project』。いまアーティスト、ミュージシャンに必要とされるのはマネージャーではなくエージェントだ。プロはもちろん音楽でプロを目指す人はこの画期的なシステムを利用してみてはどうだろう?

CTR IMG